狭山茶の特徴―味は狭山でとどめさす―

狭山茶は、比較的冷涼な丘陵地帯に多く栽培されるために葉が厚く、摘採も二番茶までのため重厚な香味とコクがあります。
さらに伝統ある「狭山火入れ」を経て、甘く濃厚な味に仕上がり、昔から「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と言われているほどです。
また少ない茶葉でもしっかり味がでるのが特徴で、首都圏で採れるお茶として人気を博しています。
 
 

宮野園のお茶の特徴

自社茶園および専属契約農家の茶園で摘み取った茶葉で作った荒茶を、当園内の仕上げ工場で専属の茶匠の厳正な審査と近赤外線茶成分分析計の測定により適正な品質ランクに選別し、乾燥・焙煎などの仕上げ加工を行っております。
中でも当園のお茶づくりの特徴がもっとも発揮されるのがマイクロ波殺菌焙煎機による焙煎です。
早くからマイクロ波による焙煎の研究を始め、日本で初めてマイクロ波殺菌焙煎機をお茶づくりに導入した当園は、狭山でもいちばん強い焙煎のお茶屋として有名となりました。

さらに、仕上げ工程を季節ごとにその都度微妙な調整を行うことで、より鮮度のあるお茶づくりを心掛けております。
お陰様でお客様から、「香ばしく甘みが引き立てたられた日持ちのよいお茶」という評価をいただいております。



お茶のランク・価格について
当園のお茶には高額なものからお手頃なものまで価格に大きな差があります。
お茶のランクはまず同じ広さの畑でどれだけの量の茶葉が採れるかで決まります。摘む時期が早ければ早いほど茶葉が柔らかく、旨味・甘味の成分も多く含まれるおいしいお茶が採れますが、新芽が小さく、摘み取れる量が少ないために値段が高くなります。また、より旨味や甘み成分の多い高品質のお茶を作るため、特別な方法で管理している茶畑で採れたお茶は値段が高くなります。
さらに摘み取られ加工されたお茶は茶匠の厳しい審査を経た上で、成分分析計により厳しいランク分けがなされます。
宮野園ではこのようにして価格に見合った味・品質のお茶をきちんとお届けしております。



お茶の選び方
お茶にもいろいろな種類がありますので、好みや生活シーンなどに合わせて選び、楽しみましょう。
以下にあなたがお探しのものがあればクリックしてみてください。

 
  • のんびりとお茶を楽しみたい

甘味のあるお茶が飲みたい

渋味のあるお茶が飲みたい

熱湯でサッと淹れたい/ポットから直接淹れたい

色のきれいなお茶がほしい

香りを楽しめるお茶がほしい

寝る前に飲めるお茶がほしい

食事のときに飲めるお茶がほしい

元気が出るお茶がほしい